2007年06月14日

アヴリル・ラヴィーンエピソード

*パンク・ロックの持つ危険さ・攻撃性と、ポップスの持つ聴きやすさ・親しみやすさを併せ持つ独自のメロディー、個性的な歌声と存在感、美貌で人気を得ている。

*近年、女性ロック歌手が少なかったため特に異彩を放つ。2001年にミシェル・ブランチがブレイクしたことをきっかけに女性ロックが注目されたことで、その波に乗るかたちで一気に人気に火がついたのが要因である。そして、既にして、シェリル・クロウ、アラニス・モリセット以来の大型女性ロック歌手と位置付けられている。

*アルバム第一作『Let Go』は、全世界で2000万枚、日本で200万枚のベストセラーになる。世界各国での評価も高く、2003年のグラミー賞の最優秀新人賞の有力候補と目されたが、ノラ・ジョーンズに敗れた。

*なおアヴリルは、イギリスのロックバンド、ザ・ダークネスについて「ダークネスは私が一緒にレコーディングしたい世界で唯一のバンドです」と公言している。

*2007年の新曲「Girlfriend」のPVではダンス・演技(二役)・バンド演奏と今までに見たことが無い姿が見ることができる。またこの曲はドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、ポルトガル語、英語、スペイン語さらには日本語も含めた8カ国語版もレコーディングされており、レコーディングに悪戦苦闘しながらも着々とこなしている模様がExclusiveコンサートの曲の合間に放送された。

*アルバム「ベスト・ダム・シング」の製作にあわせてピンク色のエクステをしている。

*身長が高くないので日本のファッションは自分の体型に合っていると言って好んでいる。

*来日した際にやってみたいことは富士山登山だと明かした。

*Make 5 Wishes.という日本スタイルの漫画のプロデュースを行っている。

*「ベスト・ダム・シング」には、ドラマーとしてトラヴィス・バーカー(ブリンク 182)、ジョシュ・フリース(ロストプロフェッツのアルバムにも参加)、スティーヴ・ジョクス(SUM 41)が参加している。また、夫デリック・ウィブリーもアルバムの作製に全面的に協力しており、アルバム内の3曲にギターで参加している。ジャケットやブックレットの写真もデリックが撮影したという。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by アブちゃん at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アヴリル・ラヴィーン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45120067
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。